John Solly

Cool Blue Love

ワビサビの効いた上質なロック&AOR!ビーチ・ボーイズ、スティーリー・ダンへのオマージュがちりばめられた、ベテラン・コンポーザー&パフォーマー、初のソロ・アルバム!

テキサス州ダラスを拠点に活動するジョン・ソリーは、60年代後半にアメリカ南西部で人気を博していた「The Novas」のリード・ギタリストだった。同バンドは、The Spencer Davis Group featuring Stevie Winwood、Ike and Tina Turnerを始め、数々のビッグ・アーティストのオープニング・アクトを飾ったが、解散。
大学で作曲を勉強した後、活動拠点をLAに移したジョンは、バンドに加入しギタリスト、キーボーディストとして活動。Sly and the Family Stoneなどとも共演している。
その後は長年に渡り、プレイヤー、ボーカリスト、アレンジャー、そしてコンポーザーとして、膨大なレコーディングやステージに参加したが、LA地震を機に、テキサスへ帰郷。ソロ・アーティストとしての活動も開始し、ついに本作、初のフルアルバムをリリースした。
上質で透明度の高いサウンド、ワビサビの効いたソングライティングは、まさに日本人好み。是非ご賞味あれ!

John in Blue.jpg